お知らせ 消防本部のご紹介 生活安心情報 消防自動車写真館 災害情報発信システム 届出・申請ダウンロード 試験講習案内 統計情報
119番のかけかた
FAX119番
WEB119
火災を防ごう
  ストーブの周辺はすっきりと
  揚げ物のときは、その場を離れない
  寝タバコ、ポイ捨ては厳禁
  放火をさせない環境づくりを
  強風の日のたき火は危険
  マッチやライターで遊ばせない
  風呂の空焚きをしないように注意
  コンセントに細かな気づかいを
  出かけるときや寝るときは、火の始末の確認を
  消火の備えを万全に
初期消火
応急手当の方法
震災対策
風水害対策

生活安心情報

火災を防ごう

1.ストーブの周辺はすっきりと


特に、カーテン、洗濯物には要注意です。
石油ストーブの給油、移動、また電気ストーブ、ガスストーブの移動の時は、必ず火を消してから行いましょう。
2.揚げ物のときは、その場を離れない


電話や来客の対応は、必ず消してから行いましょう。
そばに燃えやすいものを置かないように心がけましょう。
3.寝タバコ、ポイ捨ては厳禁


寝タバコはしない、させない習慣を身につけましょう。
火のついたタバコの放置やポイ捨ては厳禁です。
4.放火をさせない環境づくりを


家のまわりに、燃えやすいものを置かないようにしましょう。
物置、車庫などには、しっかりとカギをかけましょう。
5.強風の日のたき火は危険


たき火はしない。必要があってたき火をする場合は、消火用の水を用意しましょう。
子供だけでたき火をさせない。
風のある日はたき火をしないようにしましょう。
6.マッチやライターで遊ばせない


子供には日頃からマッチやライターを使わせないようにしましょう。また、子供の目につくところにマッチやライターなどを置かないようにしましょう。
7.風呂の空焚きをしないように注意


点火の時は、必ず浴槽に水が入っているかどうか確認してから点火しましょう。
点火、消火は自分の目で確認しましょう。
8.コンセントに細かな気づかいを


たこ足配線は、絶対にやめましょう。
コンセントの周囲のホコリやゴミはこまめに掃除をしましょう。
使わないときは、コンセントを抜いておきましょう。
9.出かけるときや寝るときは、火の始末の確認を


ガスの元栓、こたつ、湯沸し、ポットのコンセント、灰皿など、指差し点検で火の元の確認をしましょう。
10.消火の備えを万全に
簡易型火災報知器や消火器を設置して消火の備えをしましょう。
防火訓練などに積極的に参加しましょう。

トップページへ トップページへ サイトマップへ 住宅用火災警報器